漫画の描き方、あなたは『3つ』のどのタイプ?描かない漫画家志望はこうして生まれる?

漫画の描き方、あなたは『3つ』のどのタイプ?描かない漫画家志望はこうして生まれる?

漫画家志望の方にお聞きします。あなたは漫画賞の締め切りを守れますか?

『締め切りに合わせて進めているから大丈夫!』という方と、

『もちろん間に合うし、もう1作投稿しようと思ってるよ!』という方、そして

『締め切りに間に合いそうにないから、次の賞に応募するよ!』という方がいると思います。


漫画を描く人には3種類のタイプがあります。

1,締め切り日に「合わせて」漫画を描くタイプ

2,呼吸をするかのように「いつでも」漫画を描くタイプ

3,漫画を「描き切れない」タイプ


ご自分のタイプがどれに当てはまるかなんとなく心当たりがあると思います。

この記事ではこの3つのタイプの良い所と悪い所を解説していき、どんな描き方をすれば良いか書いていこうと思います。

きっと漫画の量産化と質の向上に繋がるはずです。

1,締め切りに合わせて描くタイプ

こちらのタイプは締め切り日を意識し、悪く言うと締め切り近くにならないと描き始めないタイプです。

しかし締め切り日には原稿を完成させることができるタイプです。おそらく商業で描いている漫画家の7割程度がこのタイプだと思います。

こちらのタイプの弱点は?

締め切りが無いと描けずにダラダラとしてしまう。

このタイプの長所は?

原稿入稿後に体を休められ、リラックスしながら次の漫画のネタ集めが出来る。
SNSなどの発信も息抜きになり得意なことが多いようです。

どういう漫画作成スタイルがいい?

とにかく締め切りを決めて取り掛かると良いでしょう。直近に漫画賞の締め切りが無い場合は、身近な人やSNSなどで『漫画を完成させる』ことを宣言して自分自身にプレッシャーをかけたり、出版社に持ち込みの予約をしてみましょう。

2,呼吸をするかのようにいつでも漫画を描くタイプ

こちらのタイプは、漫画を描くことに苦を感じず『好きなことだから、いくらでも描けるよ!』というタイプです。

このタイプは1ページにかける時間やクオリティがある程度決まっているので、大事な1コマにこだわって何時間もかけて仕上げることは苦手なようです。こちら商業誌で描いている漫画家の3割くらいいると思います。

このタイプの弱点は?

リズムよく描くことが心地よく、自分の決めたクオリティまで描いたら商業レベルに達していなくても次のページへと進んでしまいます。

自分のリズムで漫画を描くことが当たり前すぎて、担当さんなどにブレーキを掛けられることでストレスになるようです。

このタイプの長所は?

絵とストーリーのクオリティが商業レベルなら、漫画を描く上で間違いなく『最強のタイプ』です。

どういう漫画作成スタイルがいい?

漫画の導入や山場など、『見せ場』のクオリティをあげるために一度手を止めて深呼吸をしてから細心の注意を払い、下描きやペン入れをしたほうがいいでしょう。人に見せることを意識して描いてください。

たまにでもいいので絵を全力で描いて、それが普段のクオリティになり商業で通用するレベルになれば最強に近づけます。

3,漫画を描き切れないタイプ

こちらのタイプは描きたいものはあるけれど自分の納得いくものや、納得いく状態でないと描けないタイプで、いわゆる描かない漫画家志望です。

このタイプの弱点は?

描かないと漫画家にはなれません。漫画を描くことで新しいことに気づいたり、完成させることで描き切る自信がついたり技術が上がります。

このタイプの長所は?

描き上げられれば素晴らしい漫画が完成するかもしれません。

どういう漫画作成スタイルがいい?

漫画を描くことはとても重労働で時間もかかります。そのため途中で新しい漫画の構想を考えたり、自分のストーリーが面白くないと思ったりしてやめてしまいます。

しかし最後まで描き切り、誰かに見せないことにはプロにはなれません。もちろんそんなことは分かっていると思います。

ではなぜそんなにも描けないのでしょうか?それは漫画というものに認識のズレがあると思われます。

それは完璧なものを描きたい(描かないといけない)や、完璧に近い体調、完璧に近い機材を揃えてからやりたいと思っているからです。

しかしそれは間違いです。
なぜなら時間とともに好まれる漫画も変わります。

ぼくもデビュー前、自分にいいわけばかりをして中々描き始めませんでした。

完璧に近い状態があと2~3日で整うなら待ってもいいでしょう。

しかし何年待ちましたか?

最近では漫画を描くことがだいぶ簡単になってきました。デジタルを導入していない方にはデジタル環境を整えて漫画家の導入率が一番高い漫画作成ソフト、クリップスタジオをお勧めします。

こちらを使えるようになれば、背景データを使い背景を簡単に描いたり、ある程度使えればアシスタントも出来るようになります。

まずは短いページでもいいので描き上げる練習をしてみてください。描かないことにはあなたの考えた漫画はいつまでも発表できません。描かない漫画家志望のままで終わらないように。

クリスタ背景の使い方記事はこちら。

アシスタントも刺激になります。

まとめ

『漫画を描き切れないタイプ』では説教のようになってしまいすみませんでした。

ただ以前は家で一人ででき、将来仕事にできる創作活動の代表は小説や漫画でした。それが今では動画やSNS、個人で起業などとても簡単になりました。そのため今後は漫画業界の人材不足が進んでしまうかと思っています。

漫画が好きなら、漫画を描き上げることで才能を見つけて漫画業界で頑張ってほしいです。

どのタイプも『弱点』と『長所』を自覚して漫画作成に取り組んでください。

休む時には休み、見せ場は全力で時間をかけてか描く、いいとこ取りのハイブリットタイプを目指しましょう。

ちなみに・・・

ぼくは、『締め切りに合わせて描くタイプ』です。マヌケな話ですが、自分で描いたこの記事で『締め切り』の大切さを思い出しました。なのでこの場で宣言させていただきます。

構想中の『みかにハラスメント』を2021年4月中に下描きまで完成させます。

更にちなみに、妻は『呼吸をするかのようにいつでも漫画を描くタイプ』です。
以前デビューしていて単行本を1冊出したことがありますが、その後は商業誌ではご縁がありません。

今も毎日漫画を描いています、絵とストーリーがプロのレベルまで上がれば『最強タイプ』になれるでしょう。


──────────

描きたい!!を信じる 少年ジャンプがどうしても伝えたいマンガの描き方(週刊少年ジャンプ編集部)

──────────

マンガ制作ソフトの最高峰【CLIP STUDIO PAINT EX】

──────────
こちらはぼくのココナラのプランです

あなたの漫画を読んで感想やアドバイスをお伝えします

────────────────────
HPや資料請求で自分に合った学校かを詳しくチェック。ぼくも漫画の専門学校に通っていました。

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

──────────
☆当ブログはリツイート、共有、リンク歓迎です。

誤字、脱字などあればお問い合わせからご指摘いただけると幸いです。
漫画についての質問も!