漫画のネームはどこまで描きこんだらいい?デビュー前のネームの描き方の注意点とコツ

漫画のネームはどこまで描きこんだらいい?デビュー前のネームの描き方の注意点とコツ

人に見せる漫画のネームはどこまで描いたらいいか、漫画を描く人なら悩むことがあるでしょう。

※ネームとは下描きの前段階のラフな設計図のことです。これを元に下描きをします。

「棒人間でもいいの?」

「表情も描かないとダメ?」

「セリフだけでもいいの?」


「編集の人にネームを見せる時は下描きくらい描きこまないとダメ?」

この答えは立場や状況、関係により違います。

この記事ではネームを描く時の注意点や描き込み具合について解説して行きます。

ネームの描き込みは立場や関係によって違う?

ネームの描き込みは立場や関係によって違います。詳しく説明するとプロの場合は長い間、同じ編集さんとのやり取りが出来ていて、もし簡素なネームだとしても編集者側に読み解く能力が長い付き合いの間に培われているから大丈夫です。

まだデビュー前の人は誰かにネームを見せる場合、簡素なネームでは理解してもらえないのやらないようにしましょう。せっかく面白い漫画でも理解されなければ評価の対象にもなりません。

ネームはここまで描き込もう

ではデビュー前の人のネームはどこまで描けばいいのでしょうか?なにも服装や手、全ての背景まできっちりと描く必要はありません。

最低限必要はものは、こちらの5つです。

  1. 場所
  2. 表情とポーズ
  3. 構図
  4. 丁寧な文字
  5. キャラの描き分け

    1場所 導入部分には簡単でいいので背景を入れましょう。ネームの時は文字で書いてしまっても構いません。
    背景を明確にすることでどんな世界の漫画かおおよそ限定できます。

    2表情とポーズ 特に盛り上がりの無い場所以外は表情やポーズを入れましょう。この二つがしっかりしていればキャラの性格も掴みやすくなります。ただ立って、あまり表情の無いキャラが話しているだけでは性格が伝わってきません。

    3構図 ネームの時にあまり構図を考えないのはよくありません。キャラが何をしてるかわかればいいと思いがちですが、構図は漫画を構成する上でリズムを作り、読者の理解を深めるとても重要なものです。ネームの時でもカメラアングルは考えてください。

    4丁寧な文字 セリフはできれば写植を打ったほうが良いでしょう。それが出来ないなら丁寧に書いてください。
    セリフを読むのに引っかかってしまうと、せっかくのスピード感や間が失われてしまいます。

    5キャラの描き分け キャラを簡単に描いてしまうと誰が喋っているのかわからなくなります。描き分けに注意してください。自分で思っているほど他人は見分けるのが難しいです。

    デビュー前の方は以上のポイントに注意してください。

    ネームに『いらないもの』から考えると、それはこちらの要素です。
  • 導入以外の背景
  • 服装
  • 丁寧なデッサン

    場所が変わったときは簡単でいいので背景や文字で説明しましょう。

    ・服装は最初だけはどんな服かわかるように描いておけば大丈夫です。

    ・プロの漫画家にはネームと下描きを兼ねている場合があります。そういう使い方をしない場合は丁寧なデッサンは不要です。

タイプ別のネームの描き方のコツ

ネームの描き方は2つのタイプの人がいます。あなたはどちらに当てはまりますか?

1、プロットの時に『絵のイメージやストーリーがしっかりできていて』ネームに取り掛かるタイプ

2、『ネームを描きながら』絵のイメージやストーリーを固めていくタイプ


1のタイプは、ネームを描く前のプロット(ストーリーのエピソード)でしっかり絵のイメージやストーリー構成が出来ているので、プロットは細かいところまで文字で自分がわかるように、書いておいたほうがいいでしょう。

せっかく絵のイメージをしても忘れてしまっては元も子もありません。文字で描くより絵を残しておくのもいいでしょう。

2のタイプは、大まかにプロットを描き、ネームの時に絵を入れながら細かいところを決めていくタイプです。一度のネームで完成させられなくても、ネームを何周も書き直して整理して完成させるようにしましょう。

ぼくは2のタイプです。ネームを描いているとその時描いた表情でストーリーが変わることがあります。そのためネームは3周くらいしないと納得のいく仕上がりになりません。

ネームの注意点

ネームはほとんどの場合、ネームそのものが下描きになるわけでは無いので最低限の情報を入れればラフに描いて構いません。しかし導入ページだけは状況がちゃんとわかるように描いてください。

ラフに描いたからわかりにくい。では、読み手を混乱させてしまい、その後の話がとても読みづらくなりあなたの漫画の評価は下がります。

『ネーム』だけでも募集している漫画賞

最近ではネームだけでも応募できる漫画賞も増えてきました。※締め切りも確認してください。
こちらは一例です。

集英社
ジャンププラスネーム原作漫画賞

講談社
ネーム原作賞

スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックスマンガ大賞・ネーム部門

まとめ

ネームは必要最低限の要素だけ描いて時間削減に努めると良いでしょう。

ぼくはやったことはありませんが、デビューしていて連載されている作品ならキャラも分かるのでセリフだけのネームも編集者との信頼と、それまでの実績があれば大丈夫でしょう。

デビュー前の人は導入や表情、ポーズなど丁寧さを求められるところは丁寧に描き、不要なところは手間をかけないで描きましょう。

こちらの記事もお勧めです。

──────────

描きたい!!を信じる 少年ジャンプがどうしても伝えたいマンガの描き方(週刊少年ジャンプ編集部)

──────────
こちらはぼくのココナラのプランです

あなたの漫画を読んで感想やアドバイスをお伝えします

────────────────────
HPや資料請求で自分に合った学校かを詳しくチェック。ぼくも漫画の専門学校に通っていました。

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

──────────
こちらもココナラのお勧めです。

あなたの漫画絵・イラストをプロ視点から添削します

元大手出版社漫画編集者が漫画の添削をします

現役編集者が漫画の添削いたします

漫画講座・ネームや作品の添削やアドバイスをします

元ジャンプ連載原作者が漫画のネームを添削します

──────────
当ブログはリツイート、共有、リンク歓迎です。

誤字、脱字などあればお問い合わせからご指摘いただけると幸いです。
漫画についての質問も。