漫画の基本才能の『7種類』を解説。『才能』を見つけて成功の確率アップ

漫画家になれる確率はかなり低いと言われています。

それでも漫画を描きたい!漫画家になりたい!という思いで漫画を描いている漫画家志望の方は多いと思います。

ぼくもデビュー前は漫画家になれるかわからない不安を抱えながら描いていました。

面白い漫画を描くには才能が必要です。

あかにゃん

自分にその才能があるにゃ?

あおにゃん

自分の才能を見つけて育てたいです

きいにゃん

編集者に俺という才能を見つけてほしいぜ

すいへい

漫画にはいろいろな『才能』の種類があります。自分の才能をみつけましょう

自分の才能は漫画を描いてみないと誰にもわかりません。

漫画には色々な才能があります。代表的なものを上げるとこちらになります。

  1. ストーリーを作る才能
  2. キャラクターを作る才能
  3. 設定を作る才能
  4. 絵を描く才能
  5. 台詞回しの才能
  6. 根気強さの才能
  7. 流行りを感知し取り入れる才能

まずは何か1つ自分の才能を見つけてください。

1つ見つかればそれを伸ばしていきましょう。

漫画は上記のたった1つの『才能』でもあればプロになれます。

この記事ではデビューの確率をあげるためにいくつかある漫画の才能の解説と、その才能の気づき方について考えていきます。自分の才能に気づいて、漫画家デビューを目指しましょう!

この記事でわかること

・漫画の才能の種類と見つけ方

本ページ筆者の経歴

PN水兵きき。大手出版社で連載8回。日本漫画家協会会員。第1回CLIPSTUDIOPAINTクリエイター検定(マンガ)合格。ココナラ漫画添削プラン『PRO』認定


こちらはいらない『こだわり』を捨てて早期漫画家デビューを目指す記事です。

目次

自分の才能を見つけるには?

漫画家の才能を見つけるにはまずこれをしなくてはいけません。

それはとにかくまず『1本の漫画を完成させる』ことです。

漫画は色々な種類の才能がありますが、あなたにはどんな才能があるか誰にもわかりません。

漫画を描きあげて誰かに読んでもらい才能を見つけてもらいましょう。

きいにゃん

1本漫画を完成させないと、何も判断できないもんな

その際は編集者などプロの方に見てもらうことをオススメします。

友人などの一般の読者でも『面白い』、『つまらない』の判断はできますが才能を見抜くことは困難だからです。

例えば、漫画はつまらなくても、設定や台詞回しが面白いことがあります。

それを見抜けるのはやはり厳しい目と広い視野で見てくれる編集者やプロの漫画家です。

あかにゃん

たしかに友達に漫画をみてもらっても『面白い』とか『つまらない』しか言われたことがないにゃ

こちらの漫画添削記事もどうぞ。

面白い漫画を作る才能の種類

漫画家の才能を大きく分けるとこういうものです。

  1. ストーリーを作る才能
  2. キャラクターを作る才能
  3. 設定を作る才能
  4. 絵を描く才能
  5. 台詞回しの才能
  6. 根気強さの才能
  7. 流行りを感知し取り入れる才能

1 ストーリーを作る才能

限られた条件の中、設定を活かしてストーリーを作る才能です。

この才能は自分では見抜くことは難しいかもしれません。

なぜなら自分ではストーリーが作れて当たり前だと思ってしまうからです。

その上、誰でも自分で作った話は面白いと思ってしまうからです。

作った設定からたくさんのエピソードが作れて、それを構成する力があれば才能があります。

あおにゃん

自分では気づきにくいんですね

2 キャラクターを作る才能

多くの人が好きになる魅力的なキャラクターを作る才能です。

この才能は自分で見抜くことは困難でしょう。

これもストーリーと同じく、どの漫画のキャラも本人としては魅力的だと思っていることが多いからです。

きいにゃん

俺のキャラはサイコーだぜ!

3 設定を作る才能

見たこともない引き込まれる特別な設定を作る才能です。

この才能は友人などの反応でわかることが多いかもしれません。

すいへい

設定を作る才能は専門家でなくてもわかります。『見たことない設定』、その上『わかりやすい』と言われれば才能があると思います

4 絵を描く才能

魅力的なキャクターデザインや目の覚めるような素晴らしい表情などの絵を描く才能です。

この才能は自分や周りの友人などの反応でわかることが多いでしょう。

あおにゃん

絵の才能はわかりやすいですね

5 台詞回しの才能

テンポが良かったり、わかりやすかったり、面白い掛け合いの台詞回しができる才能です。

この才能は自分で見抜くことは困難でしょう。

どの漫画も本人としては読みやすい、面白いと思っていることが多いからです。

あかにゃん

ぼくはセリフ回しの才能あるにゃ?教えてほしいにゃ

6 根気強さの才能

漫画制作には時間がかかりますし、技術力を上げるのにも時間がかかります。根気よく続ける才能です。

この才能だけは本人しかわからないでしょう。

きいにゃん

ずっと描き続けるぜー!

7 流行りを感知し取り入れる才能

漫画には流行り廃りがあります。流行りのテーマをいち早く察知して取り入れる才能です。

最近では誰かの描いた漫画の大まかな設定を漫画を描く人の多くが共有しても良い雰囲気になってきました。

パクリと言われない薄い取り入れなら構わないと思われます。

異世界転生ものや転生から派生した悪役令嬢ものがそれにあたります。

この才能は自分や周りの友人などの反応でわかることが多いでしょう。

あおにゃん

出版社で描くには流行のジャンルは大事ですね

才能に気づくには?

どうやって才能に気づく?

自分の才能には中々自分で気づくのは難しいと思います。

なぜならば漫画を描いている時は誰でも自分の漫画を客観視することは難しく、面白いと思いながら描いているからです。

才能を見つけてもらうには、近くにいる友人に見てもらうのも良いかもしれませんが、

今では出版社のリモート持ち込みや、編集者個人のSNSで持ち込みを受け付けている方もいます。

プロの方に見てもらうことが才能を見つけてもらうには良いでしょう。

あかにゃん

プロに才能を見つけてもらうにゃ!

ちなみにこちらはぼくがココナラで出品しているプランです。

あなたの漫画を読んで感想やアドバイスをお伝えします

自分で才能に気づく時はないの?

参考になるかわかりませんが、ぼくが自分の才能を感じたときはこうでした。

デビュー初期の話ですが、読切用のネームを描いている時に自分で考えた展開(エピソード)に自分自身が驚いたことがありました。

すいへい

自分の頭で考えたずなのに不思議な感じでした

『自分の「才能」を見つけて成功の確率をあげよう』まとめ

才能を見つけて自覚するとその才能を、より伸ばすことに集中できると思います。

漫画は色々な才能がありますが、全ての才能が無くても、1つの才能が有れば漫画家になれます。

ある程度の絵が描ければあなたの才能を活かす設定を作れれば充分に戦えます。

あおにゃん

まず1つの才能を見つけることが大切なんですね

ぼくは担当さんによって、「恥ずかしそうにしてる女の子」の漫画を描く才能があることに気づかせていただきました。

その結果、ありがたいことに単行本はとても話題になりました。まずは自分の才能に気づくことが大事です。


こちらの記事も参考に。

こちらはココナラのお勧めプランです。

あなたの漫画絵・イラストをプロ視点から添削します
元大手出版社漫画編集者が漫画の添削をします
現役編集者が漫画の添削いたします

当ブログはリツイート、共有、リンク歓迎です。

誤字、脱字などあればお問い合わせからご指摘いただけると幸いです。
漫画についての質問も。

目次
閉じる