漫画家志望者のデビューをお手伝い。進行中エピソード2。~出版社へ持ち込み~

漫画家志望者のデビューをお手伝い。進行中エピソード2。~出版社へ持ち込み~

今まで商業誌で8作の連載を立ち上げたぼく漫画家水兵ききは現在、漫画家志望者のデビューをお手伝いしています。

2021年2月に、一か月以内に10本のネームを描いて『ジャンププラス』に持ち込みをしよう!という目標を掲げました。

そして順調にネームを描き上げ、緊急事態宣言終了後の3月中旬に集英社『ジャンププラス』に持ち込みをしてきました。

結論から書くと、残念ながらこの持ち込みでは彼女に目標としていた『担当』は付きませんでした。

では、ジャンププラスの編集者からはどんな感想をもらったのか?なぜ担当が付かなかったのか?その時の『持ち込み』の詳細です。

現役編集者は漫画のどこを見るのか漫画家を目指す方にはとても勉強になると思います。

ぼくの経歴一言紹介はこちら。→PN水兵きき。大手出版社で連載8回、20年近く漫画家生活。代表作はアマゾン1位『みかにハラスメント』。一発屋。

お手伝いその1はこちらからどうぞ

持ち込みの目標は『担当』が付くこと

漫画家志望である彼女(妻)は現在体調があまり良くないので、ぼくも持ち込みに付き添うことになりました。(事前にその事をお伝えしてアポイントを取りました)


1時間半前には集英社近くに付き、お昼ご飯を食べながら時間を待ちました。

ぼくの漫画の持ち込みではありませんが、持ち込み前は何度体験してもそわそわします。

もちろん彼女の緊張はぼく以上でしょう。

そして時間が来たので集英社へ。受付横にある紙に来社目的を書き提出。

持ち込みの目標は『担当』がつくことです。

担当がつくために実践したことは

  • 持ち込みする漫画の良いところ、悪いところを探しておく。
  • 編集者さんへの質問を考えておく。
  • 別の漫画のネームも用意する。

です。

下の記事で持ち込みを成功させるためのことを書いています。


区切られたブースに案内されると編集者さんが登場、挨拶をしていよいよ持ち込みスタートです。

現役編集者さんからの感想

10本のネームがあると伝えると、編集さんから自信のあるものから見せてくださいと言われ、デスゲームものを見てもらうことにしました。

これは連載用に描いたネームで3話分あります。

持ち込み未経験の方ですと連載用のネームでも見てくれるのか不安が有ると思いますがまったく問題はありあせん。何も言わず見てくれました。

ただ、人に見せるネームの場合は注意が必要です。文字は必ずキレイに書きましょう。このネームでは写植を打ちました。
ネームの注意点はこちら。

読み終わるまで長い沈黙が、、、そして、、、

第一声はこうでした。

『面白く読めました。設定も斬新に感じました

!!!

これは好感触!

続いて、
『限定条件の中、3話まですんなり読めました』

ストーリーと設定は合格のようでした。

『その1』でも書いたように彼女はすでに一定の評価は受けていて、
自由に投稿できるジャンプルーキーの『連載争奪ランキング』で常に上位を行ったり来たりするくらいの実力はあります。

しかし、最初に伝えたように彼女に『担当』は付きませんでした。

ここからはキャラクターの話になりました。

このネームのキャラクターが『悪い』とは言われませんでしたが、キャラを魅力的に描こう。と言われました。

『ジャンプと言えばキャラクター』が、ここで出てきました。

ワンピースを例にして話していただきました。
要約すると、

ひとつなぎの大秘宝』ってなんだろ?と思って毎週読む読者は少なく、ルフィや他のキャラクターを見たいから読んでいる。

ということです。

どうしたら魅力的なキャラが描けるか?と聞くと、こう助言いただきました。

『プロもみんなそこに悩んでいて、いろいろ試して試行錯誤している』

魅力的なキャラはどうやって作るのか?それは誰にもわかならいということだと思います。

予期せぬ展開

1つ目のデスゲーム漫画の感想が終わると次の漫画を。と編集の方が言った時に予期せぬ事態になりました。

「時間的にあと1本です」

「!!!!?」

その時まだ30分も経っていませんでした。

10本全てを読んでもらえる時間があるとは思っていませんでしたが、2作で終わりは想定外でした。

ぼくが今まで持ち込みをした時は、時間に制限は特になく1作でも1時間前後は見て頂いていました。

おそらくコロナの時期のため早めに切り上げるようにしていたのかと思います。

彼女は最後の作品も、自信があった別のデスゲームのネームを見てもらうことに。

こちらの漫画の編集者さんからの感想は・・・

『何を見せたい漫画かすぐにわからない』と言われました。

2~3Pまでに『何のジャンルで、何を見せる漫画』なのか、はっきりさせましょう。
事前にぼくもチェックしていましたが、デスゲーム慣れしていて気づきませんでした。

実はネーム10本中3本がデスゲーム漫画でした。

読者は何の漫画かわからないと読むのをやめる。と言われました。

こうして2作のネームの感想をいただきました。


しかし、ここで更に予期せぬ展開が。
どうやらもう一作まで読んでいただけるとのことでした。

次はギャグ漫画のネームを見せることに。

こちらの漫画の編集者さんからの感想は・・・

『キャラクターの役割がぶれている』ということでした。

このネームを事前に読んだ時にぼくも気になり伝えましたが、他のネームの直しで手が回らないようでした。

この後、別の漫画の完成原稿も見ていただきました。

『絵のアングルがほとんど同じ』と言われました。

こうして『ジャンププラス』への持ち込みは『担当』がつくことなく終了しました。

まとめ

一本目の漫画はとても高評価で『いけるかも!』と思いましたが、担当にはなってもらえませんでした。

担当になってもらえなかった理由としては、

持ち込みにぼくが付き添ったことで、彼女の体調が悪いという強いアピールになってしまったかもしれません。

漫画は体力を使うので不健康は悪い印象を与えてしまう可能性があります。

(しかし彼女に限っては線にブレがあるわけでもなく、なにより漫画を描くのが大好きなので商業で描くにあたり体に問題は無いと思います)

その他の理由としては、ジャンプは持ち込み、投稿が多いので簡単には担当になってもらえないかもしれませんし、
編集者さんに言われた通りキャラクターの魅力が足りなかったのかもしれません。

単純に個人的に好みでは無かった場合もありますし、デスゲームを描ける作家は揃っている可能性もあります。

担当になってもらえなかった理由は考えてもキリがありません。一度の持ち込みで諦めてはいけません。

次の『漫画家志望をお手伝い』では『リモート持ち込み』の記事を書く予定です。


それからこの持ち込みで聞いた話として、ネット漫画、アプリ漫画ではデスゲームが大変人気があるそうです。
たしかにデスゲームは多いです。流行に乗るというのも商業で漫画を描きたいなら大切なことです。

─────────

彼女の漫画はこちらから読めます。(ジャンプルーキー)
遊佐いつか

単行本も角川より出ています(正確にはデビュー済み。再デビューが目標。)

恋愛すっとばし婚 恋愛経験ゼロのオタクが結婚にこぎつけるまで

どこからのお仕事も歓迎とのことです。
─────────

描きたい!!を信じる 少年ジャンプがどうしても伝えたいマンガの描き方(週刊少年ジャンプ編集部)


─────────
こちらはぼくがジャンプに誘われ失敗したときの記事です。

──────────
当ブログはリツイート、共有、リンク歓迎です。

誤字、脱字などあればお問い合わせからご指摘いただけると幸いです。
漫画についての質問も。