漫画家、漫画業界の面白エピソード「漫画出版社パーティー」

みなさんは『漫画出版社のパーティー』というものを聞いたことがありますか?
出版社パーティーは1年に一度出版社ごとに行われる漫画家さんたちを労ってくれるイベントです。

この記事ではあまり知られていない漫画業界の『出版社パーティー』についてぼくの体験談を交えて書いていきます。

この記事を読んで『漫画業界通』に一歩近づいてください。

交流させていただいた漫画家さんたちのお話もさせていただきます。

ぼくの簡単な経歴はこちら。→PN水兵きき。大手出版社で連載8回、20年近く漫画家生活。代表作はアマゾン1位『みかにハラスメント』。一発屋。

目次

出版社パーティーとは?

都内のホテルのイベント会場などで行われ、漫画家、及びそのお連れの方は参加料が無料です。
豪華な食事も食べ得放題。帰りにはおみやげ付きです。

出版社最大のイベントともあってどこも華やかです。

パーティー参加経緯

ぼくがはじめて出版社のパーティーに参加させていただいたのは、当時まだ漫画家デビューしていなかったのでアシスタント先の先生に誘われ2001年に講談社のパーティーに行ってきました。

その後漫画家デビューを果たし、スクエアエニックス、講談社、メディアワークス、富士見出版のパーティーにも参加させてもらいました。

やはりアシスタントとして参加するより自分本人が呼ばれるというのは感慨深いものがありました。

デビューしてれば誰でも呼ばれる?

漫画家デビューしていれば誰でもパーティに誘われるかと思いきや、人数が増えるとそれだけ出版社の費用が掛かるせいか、ぼくは初の単行本が出るまで誘われませんでした。

しかしその後、別の出版社で読み切りを一本描いただけでも呼ばれて、何も貢献していないのにお誘いを受けました。

更に他の出版社では数年連載を来り返しさせていただいていましたが、デジタルのみで紙の単行本にならなかったせいか、呼ばれることはありませんでした。

出版社ごとに基準があったり、その時の担当者の気分で決まっているようです。

豪華な食事その中でも・・・

パーティーと言えば期待するのは豪華な食事です。

どのパーティーの料理も種類が豊富で見た目も味もクオリティが高かったです。その中でも今でも覚えているのが、講談社のパーティー(デビュー後)の高級ローストビーフは最高でした。

表面をこんがりさせた肉の塊から切り離されお皿に飾り付けたその存在は、

我が目まで潤すほどの赤身と脂身の赤白のコントラストを放ち、欲望を掻き立て、

その欲望の渦に取り込まれた存在は、今までの記憶に無い新しき快楽となり欲望の一部と同化しました。

つまり、迷わずおかわりに向かいました。

行われるイベントは?

行われるイベントは、ビンゴゲーム、グラビアアイドルの宣伝?、漫画授賞式、出版目標や成果の報告です。

ぼくはビンゴゲームで幸運なことに、担当さんが当たったカードを譲り受けて電動マッサージ棒をいただいたことがあります。

漫画家さんと交流

パーティーは多くの漫画家さんとの交流ができる、他では絶対体験できない貴重な場所だと言えるでしょう。

パーティー参加者はみなさん名札を付けており、タイミングが良ければ漫画家さんと挨拶させていただくことが出来ます。

ぼくがお話させていただいてよく覚えているのが、

赤松健先生(ラブひな、ネギま)

藤代健先生(流されて藍蘭島)

まっつー先生(これが私の御主人様)です

赤松先生は2001年講談社漫画賞を『ラブひな』で受賞されたときに、サインをいただき握手もさせていただきました。

握手の時にぼくが右手を差し出すと、ためらいながら左手を差し出してきたことを覚えています。

漫画家は執筆にあたり、利き手が何より大切です。

そのため誰とも知らない人との利き手の握手は抵抗があったのだろうと思います。ぼくはデビュー前でしたし。

藤代先生とまっつー先生は2005年にスクエアエニックスの二次会でお会いすることが出来ました。

このお二人は以前からぼくが担当さんに好きな作家さんだということを伝えていたので、担当さんの手引きでお会いさせていただきました。

その時いただいたお三方のサインはこちらです。

意外と社交的な人が多い

漫画家の方は社交的な人が少ないイメージですがパーティーを見渡すとそんなことはなく、みなさんそれぞれグループを作り談笑していました。

ぼくは初めての人とお話するのがとても苦手で、パーティーで『ぼっち』になるのが怖くて、参加するときはいつもアシスタントさんに付き添ってもらっていました。

それでもどこのグループでも良いのでお話したいなと思いながら徘徊していると、そういうぼくのような人がいることを知っているベテランの人が気にしてくれることもありました。

ぼくのようにグループに入るのが苦手な人は、用意されている名札とは別に追加で名札を用意して、漫画家ならば作品名、アシスタントならアシスタントをしている漫画や漫画家の名前を書いておくとそれがきっかけになり良いでしょう。

事前や当日にSNSでパーティに参加する人(してる人)を見つけてコンタクトを取ったり、担当さんに会いたい作家さんのことを伝えておくのも良い方法です。

『出版社パーティー』まとめ

いかがでしたか?少しは出版社のパーティーの雰囲気が伝わりましたか?

普段は一人の担当さんとだけやりとりしているのであまり実感できませんが、パーティーに行くと出版社に歓迎されているのだとよくわかります。

そのせいかあまり貢献できていないときには誘われても行く気が起きず不参加が多かったです。

そう考えるとパーティーは漫画家のモチベーションを上げるのにも利用されているイベントかもしれません。

出版社から歓迎され堂々と何年も参加できる漫画家を目指してください。

こちらのエピソードで更に漫画業界通に。

こちらは個人的面白エピソード。

──────────

UQ HOLDER! (1)

────────

新装版 魔法先生ネギま! (1)

────────

新装版 ラブひな (1)

────────

リリReカスタマイズ モデラーも異世界では錬金術師!? 1巻

────────

かへたんていぶ 1巻

─────────

当ブログはリツイート、共有、リンク歓迎です。

誤字、脱字などあればお問い合わせからご指摘いただけると幸いです。
漫画についての質問も。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる