失敗した漫画家が教える『ジャンプ』で描きたい人が知っておきたい心構え

漫画家水兵ききは憧れの集英社『ジャンプ』で連載する千載一遇のチャンスを逃しました・・・・・

それは2014年の9月、ぼくの元に来た一通のメールからはじまりました。

目次

ジャンプからお誘いメール

ジャンプといえば誰もが知る世界1の漫画雑誌です。ぼく水兵ききは中学生のころからずっと週刊少年ジャンプを読んでいて、漫画家デビュー前は投稿もしていました。

別の出版社でデビュー後もいつか集英社、ジャンプで描けたら・・・と思っていました。

ぼくは2005年に発表した『みかにハラスメント』が話題になり、その後5社以上の出版社さんにお世話になって漫画を描かせていただきました。ただ、集英社さんとはご縁がありませんでした。

『ジャンプ』の冠

メールの内容は要約するとこうでした。

『ジャンプliveで描きませんか?』

ジャンプliveとはネットのジャンプで、現在ある『ジャンププラス』の前身です。

今までご連絡いただいた出版社さんではぼくが承諾した場合、必ず最低でも読み切りは描かせていただいていました。

なので、ついに集英社『ジャンプ』の冠の付く場所で描ける!
と、思い心躍りました。

打ち合わせで提示されたはじめての『条件』

そして後日、打ち合わせをすることに。
そこでは漫画家人生で今までにない『条件』を提示されました。


2週間後までに『連載用ネーム3話分』描いてきて。


・・・・・期間を限定されたのははじめてでした。

全てが甘かったジャンプ掲載

お誘いのメールが来てから、この打ち合わせまで一週間ほどあったと思います。
しかし、その時のぼくは打ち合わせの時に話を聞いて、方向性を決めればいいか。

と考えていて打ち合わせまでの一週間『何も』していませんでした
それに加え描きたいものをストックしてもいませんでした。

そしてその後の二週間で何一つ提出することができず、せっかくのチャンスはあっという間に過ぎ去りました。それからはもちろん集英社からのお誘いはありません。

準備不足だったと気づいたときはすでに、全てが手遅れでした。


ここからは余談ですが、2週間あれば何か少しは提出できただろう?と言われるかもしれません、たしかにそうです。しかしこの時期は8月末に初めての彼女(現在の妻)が出来て同棲の話をしていました。ぼくはこちらのほうが大事でした。

ジャンプを目指すあなたへ

もちろんこれはジャンプ本誌の話ではありません。しかし本誌となるともっと厳しいと容易に想像できます。

何もできなかったぼくが言えるのは、集英社『ジャンプ』だけは特別です。『ジャンプ』を目指す人は、いかなる時も準備を怠らないように。

────────

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる