【ヒット作のヒント】アマゾン1位の伝説の漫画はこうして生まれた!

ぼく水兵ききの代表作『みかにハラスメント』の単行本はアマゾンで1位になりました。

制作当時を振り返ってヒット作のヒントを見つけてみようと思います。

あかにゃん

1位はすごいにゃ!是非聞きたいにゃ

すいへい

ヒット漫画『みかにハラスメント』の誕生は不思議がいっぱいでした

その不思議というのを先に書くとこちらになります。

  1. スタンダードじゃないストーリー作り
  2. 読者アンケート「つまらない」1位
  3. 「つまらない」1位なのに続編
あかにゃん

にゃ!?つまらない漫画1位にゃあ!?

詳細を解説していきます。

この記事でわかること

・ヒット漫画作りのヒント

本ページ筆者の経歴

PN水兵きき。大手出版社で連載8回、20年近く漫画家生活。代表作はアマゾン1位『みかにハラスメント』。一発屋。

目次

超難産だった『みかにハラスメント第1話』

デビューした後に始めて描いた読切漫画『かすみ♂』は雑誌で2位になりました。

ということもあって、ぼくは次の漫画は『かすみ♂』を超えないと連載できないと考えていました。

あかにゃん

人気2位を超えるのは難しそうにゃ

担当さんもそういうつもりだったのか、いろいろアイデアをぶつけるも中々カタチにならず困り果て途方に暮れていました。

寝ても覚めてもマンガのことを考える日々でした。

担当さんからの奇跡の一言

しかしそんな時、担当さんからの一言で状況が変わりました。

担『何か描きたいシーンないの?』

この一言!この一言で『みかにハラスメント』は完成したと言っても過言ではありません。その質問に水兵は・・・

すいへい

女の子が裸で街を歩くシーンを描きたいです!!

担『いいね!!それ!!』

この会話から水を得た魚になった水兵は一気に構成を考えネームを描き、無事掲載が決まりました。

※ご存じない方に説明すると、『みかにハラスメント』はちょっとえっちな少年漫画です。下記参照。

通常、漫画は設定やキャラクターから作るものです。

しかし『みかにハラスメント』は担当さんからの一言で、『描きたいシーン』から考え始めました。

これにより、個性的な漫画『みかにハラスメント』は完成しました。

あかにゃん

描きたいシーンから考えたにゃ!

不思議① スタンダードじゃないストーリー作り

残念な読者アンケート結果

『みかにハラスメント』がガンガンパワードに掲載されました。

この読切漫画の人気があれば連載になるかもしれません。

そのアンケート結果は・・・




1位!


・・・・・・しかし1位は1位でも
つまらないマンガ1位!!!!!!!!?

あかにゃん

なぜにゃああああああああああ???

すいへい

・・・やっちまった・・・・

当時のガンガンは女性読者と男性読者がほぼ半々であり、えっちな漫画だったので女性からの評判が非常に悪かったらしいです。(一部応援してくれる女性もいました)

けれど担当さんいわく、悪いほうの1位もすごいこと、みんな見てくれてるってこと!気にしなくていい。

そう言われ我に返りました。

すいへい

いや、我に返ったというより、薄れゆく自我を辛うじて保ったに近いです

下記画像が読者アンケートです。

不思議②  アマゾン1位『みかにハラスメント』は読者アンケート『つまらない漫画』1位

『つまらない漫画』1位なのに

つまらない漫画1位になってしまった『みかにハラスメント』しかし、担当さんからは意外過ぎる一言が・・・

『次もみかにハラスメントで!』

あかにゃん

!?!?!?!?・・・どうしてこうなったにゃ?

不思議③ 『つまらない』1位なのに続編

しかしここで続編を描かせていただいたおかげで、『みかにハラスメント』は単行本になり、アマゾンで1位になりました。

『みかにハラスメント』の続編決定は担当さんと編集部の英断としか言いようがありません。

『アマゾン1位の伝説の漫画はこうして生まれた!』まとめ

  1. スタンダードじゃないストーリー作り
  2. 読者アンケート「つまらない」1位
  3. 「つまらない」1位なのに続編

担当さんの『気にしなくいい』というのは単行本の売り上げが証明してくれました。

漫画を描くときキャラや設定から考えがちですが、描きたい1シーンから考えることもありです。

考える視点を変えることで新しいものができることも。

そして読者アンケートの『つまらない漫画1位』は読まれているってことです。

あかにゃん

不思議がいっぱいだったにゃあ

そんな『みかにハラスメント』はこちらから読むことができます。『同人誌総集編』、『第1話の続き』も

みかにハラスメント第1話はこちらから無料で読めます




☆当ブログはリツイート、共有、リンク歓迎です

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる