【消失回避】デジタル漫画をクリスタのクラウドに保存する方法【※過去データも復元可】

デジタル漫画制作で1番気をつけたい恐ろしいことがデータの消失です。

あかにゃん

せっかく描いた漫画があああ怖いにゃあああ

あおにゃん

急な停電でパソコンが落ちたらと思うと・・・

きいにゃん

入魂の作品が描き直しになるぜー

すいへい

消えてしまったデータは元には戻りません。そんなことが起きないように保存をしておきましょう

クリスタはアカウントを持っていれば便利で簡単に、しかも無料で使えるデータ保存用のクラウドが10ギガ用意されています。

そのクラウドの設定方法と、どんな使い方が最適か解説していきます。

本ページ筆者の経歴

PN水兵きき。大手出版社で連載8回。代表作『みかにハラスメント』一発屋。日本漫画家協会会員。第1回CLIPSTUDIOPAINTクリエイター検定(マンガ)合格。クリスタEX2014年から利用。

設定は簡単に行えます。データ消失のリスクを無くして快適な漫画制作をしましょう。

目次

クリスタのクラウドってどんな機能?

クリスタのクラウド概要はこちらです。

  • ログインで利用可
  • 無料
  • 容量10ギガ
  • 自動同期機能あり
  • データ共有し別デバイスで作業も可
  • 容量オーバー時はアップロード制限
  • 1年間同期がされなかった場合、データは削除
  • 過去30日間に同期されたデータをDL出来る
  • アプリケーションの設定も保存出来る
すいへい

誤って保存してしまった時に過去30日のデータがDLできるのはとてもありがたい!

クラウド設定方法

クリスタ(絵を描くほうではないウインドウ)を立ち上げ、ログインします。

クラウドの設定をしていきます。上部にあるクラウドバーをクリックします。

『クラウド設定』をクリックします。

全ての項目を『ON』にします。『設定を保存』をクリックします。

同期は手動でもできますが、忘れないように起動・ログイン・終了時に同期できるように『ON』にしておきましょう。

すいへい

こまめな保存が大切です

『設定の保存』をクリックすると『同期』を開始しますか?と表示されますが、最初はまだ『同期』するものを選択していないので『いいえ』を選びます。

次に『バックアップ』を開始しますか?と表示されます。バックアップとは『クリスタの設定』のバックアップです。

クリスタのバックアップは起動時やログイン時に1日1回バックアップを自動で行います。ここではどちらでも構いません。

『クラウドバー』➡『アプリ設定のバックアップをいますぐ行う』でもいつでもバックアップが行えます。

クラウドの『同期』の方法は?

ここからは個別データの『同期』方法です。

クリスタの『作品管理』をクリックします。『この端末』を確認し、表示されたデータの『同期』したいものを選び『同期切り替え』をクリックします。

『同期切り替え』をオンにすると『通信管理』のアイコンに同期中のマークが出ます。消えれば同期が完了です。

『クラウド』のタブをクリックします。すると『同期』したデータが表示されました。

クリスタ(PAINTではない)ウインドウを終了するときに、手を加えた『同期』されていないデータがあると下のような注意が表示されます。

『はい』を押して同期して終了します。

過去30日間のデータをDLするやり方と注意点

過去30日間に同期したファイルはDLできます。

漫画制作では予期せぬ状態で保存してしまうことは稀にあります。この機能を使えばすぐに復元できます。

DL方法と注意点を説明します。

DLの方法

『作品管理』➡『クラウド』をクリックします。赤枠の『過去バージョンをダウンロードする』をクリックします。

表示された一覧からDLしたいものを選び『ダウンロード』をクリックします。

DL後『この端末』をクリックします。上書きされることなく以前のデータがDLされました。

すいへい

しかし、少し問題があります

注意点

DL先を選択する項目が無く(?)どこにDLされたかわかりません。

DLしたデータのサムネイル右下の『メニュー』➡『保存フォルダを開く』をクリックします。

すいへい

これでどこに保存されたかわかるので確認してください

クラウド利用時の注意点は?

クラウドを利用する注意点です。

  • モバイル回線では大容量通信により、制限される可能性あり
  • 全てのファイルではなく、対象に設定した作品のみが同期を実行
すいへい

多数のデータを同期するとすぐに容量が足りなくなる恐れも・・・

容量が足りないときは?

漫画のデータはファイルサイズが大きくなりがちです。

クラウドを利用しているといつの間か10ギガでは足りなくなることもあります。

クリスタのクラウドは現在10ギガ以上の容量を利用する方法はありません。

容量が足りないときはこちらの対処をしましょう。

  • いらないデータを削除する
  • 別のクラウドサービスに保存する

いらないデータを削除する

不要になったデータは『同期』のチェックをはずして削除し、クラウドを整理しましょう。

10ギガを超えるとデータの保存が出来ません。超える前に対応しましょう。

削除の方法は?

『クリスタを起動』➡『作品管理』➡『クラウド』➡該当データにチェックをつけ『削除』

別のクラウドサービスに保存する

別のクラウドに保存することもお勧めです。

グーグルのアカウントをお持ちならば、グーグルドライブを利用すると無料で15ギガまで保存できます。

グーグルアカウントログイン後、こちらから利用できます。
 drive.google.com

利用上の注意点をご確認の上ご利用ください。

筆者の容量整理の方法は?

ぼくのクリスタクラウドの利用方法は、最近制作したデータのみ保存しています。

過去30日のデータをDL出来るということはそれだけ容量を圧迫してしまったり、長く利用していると10ギガでは容量が足りないからです。

なので保存用のデータはUSBやグーグルドライブに保存しています。

すいへい

長く利用すると10ギガでは足りないので、優先度の高い最近のデータのみクラウドに保存しています

【消失回避】デジタル漫画をクリスタのクラウドに保存する方法【過去データも復元可】まとめ

漫画制作で一番ダメージが大きいことがデータの消失です。

ぼくは幸いなことにすぐ使う大事なデータ消失は今までありませんが、古いデータを最新のデータに上書きしてしまったことがあります。

保存先を複数にしたり、頭の中で『作業中のデータの保存先』、『完成データの保存先』を整理しておくことで間違いを回避できます。

一度描いた原稿を描き直すことは計り知れないダメージになります。

集中力も下がり、消失前に描いた原稿より完成度も上がることは無いかもしれません。そうならないようにデータ保存について考えておきましょう。

すいへい

データが消える前に!


新規キャンバスの機能も覚えて快適な漫画制作を。

目次
閉じる