担当さんとはじめて作った漫画『かすみ♂(オトコノコ)』その驚きの順位

担当さんとはじめて作った漫画『かすみ♂(オトコノコ)』その驚きの順位

こちらの記事でも書いたように投稿作『魔法少女るかなー』が最終候補になり、担当さんがつきました。早速新作掲載を目指し、担当さんとネームの打ち合わせ開始です。

掲載倍率5倍

新作のネームを描いているときにどのくらいの数のネームから掲載が決まるのか気になりました。これから売り出していこうという新人作家としてはとても重要なことでした。担当さんに直接聞いたところ、掲載倍率5倍という答えが返ってきました。

その時の水兵は、中々ハードな倍率だなあ。と思うと同時にこれくらい超えられないなら漫画家なんてなれない!ダメなら漫画家諦める!(本気)という強い気持ちでした。

冷静に考えれば、当時からスクエニは投稿作品が膨大だったことと、掲載された『魔法少女るかなー』は、あまり人気が無かった(おそらく)ことを考えると掲載は難しかったかもしれません。

しかし『かすみ♂』のネームはほとんど直すところを指摘されず担当さんのOKが出て、しばらくしてから編集部でもOKとなり雑誌掲載が決まりました。

ただ、こちらも冷静に考えると手前味噌ですが『かすみ♂』ほど独特で個性的で面白い漫画は無いと思います。『かすみ♂』の簡単なあらすじは・・・

女性を司る女神の逆鱗に触れ『女を追放』されたかすみが『男』になってしまい、男の体に振り回されるというちょっとえっちなお話です。

そしてその『かすみ♂』の人気順位は驚くものでした。
と、その前に『かすみ♂』の原稿料は・・・

かすみ♂原稿料

40ページ×7000円=280000円
×消費税5%-源泉徴収10%


266000円


原稿料は『魔法少女るかなー』と変わらず7000円でした。そんなに簡単にはあがらないですね。
(かすみ♂の明細書は紛失。捨ててないはずなので見つかれば後日アップします)

かすみ♂の驚きの順位は?

雑誌『ガンガンパワード』掲載後、しばらくして担当さんから『かすみ♂』の順位を聞きました。

その結果は2位!

喜ぶべき順位だと思いますが何を思ったかこの時の水兵は、ガンガン本誌から『鋼の錬金術師』や『流されて藍蘭島』などの人気作が出張掲載されていて、それらが目当てで読者は雑誌を買っているんだから『2位』というのはその人気作を除いたあとの順位で総合では10位くらいだろうと思っていました

しかし今考えると集英社の『バクマン』を読んだ感じではページ数の多い連載第一話目が人気上位になることが多いことから、『かすみ♂』は総合でも2位だったような気がしますし、1位はおそらく桁外れの人気の漫画『鋼の錬金術師』の付録(この号はマンガ未掲載)・・・ということは実質・・・?・・・いや1位は後に本誌連載された屍姫か・・・?^^;

かすみ♂』はこちらで読むことができます!
クラウドファンディングで描かせていただいた続編も収録!

みかにハラスメント第1話はこちらから読めます

☆漫画家を目指すあなたへ☆


デビュー作『魔法少女るかなー』は雑誌の一番最後に掲載されたあまり人気のない(おそらく)漫画でした。しかし面白い漫画(かすみ♂)は評価されチャンスをもらえました。今面白い漫画が描けなくても次は雑誌人気上位を狙える人気作を描けるかもしれません。つまづいている人には水兵はいつも一度、別のジャンルの漫画を描くことを勧めています。『るかなー』はギャグ要素が強く、『かすみ』はえっちな要素が強かったです。別ジャンルに挑戦することで才能が伸びることがあります。

こんなマンガ塾もやっています↓
ネットで『今すぐ』マンガ会議